小さな幸福が実はとても大きなことでかけがえのないことであったりします。忙しい日々の中で、色々な事を考えて悩んで皆が生きていきます。その原動力は何かを愛すること。そんな想いを感じて頂けたら嬉しいです。

  1. 14 view

Pixel World

デジタル世界

たったひとつの構成要素が

世界を形作っている事に・・・

君は気が付いているだろうか?

 

僕が見ている世界は

モザイク画のように、たったひとつのピクセルの集合体

ノイズの嵐に吹かれたら

僕が見ている世界は、霞んでいくようで

 

君の横顔が霞んでいく

手を伸ばしても、指の隙間から砂が零れ落ちるように・・・

その映像を、その場に留める事なんて出来ないと

苛立ち、嘆き、悲しむ現実に

どうやって立ち向かっていくのか

 

消費され、再構築され、そして消えていくこの世界の原則に

抗う事など出来ないとしても・・・

我々は再構築を繰り返し、なんとか、それを保とうと必死になっている

時間を超越をして、それを遺す事に没頭して

そして絶望を繰り返し

その流した涙もまた、消えていく

 

零れて、砕けて、消え去ってしまうというのに

なんども、なんども・・・希望と絶望を味わいながら

詩の最近記事

  1. 過去の苦渋さえも 2011-10-14

  2. 月光世界 2011-10-15

  3. 力が欲しい 2011-10-16

  4. チューニング 2011-10-16

  5. 交わり 2011-10-16

関連記事