小さな幸福が実はとても大きなことでかけがえのないことであったりします。忙しい日々の中で、色々な事を考えて悩んで皆が生きていきます。その原動力は何かを愛すること。そんな想いを感じて頂けたら嬉しいです。

  1. 2 view

Close your eyes 2011-10-25

瞳を閉じて三つ数えたら魔法をかけよう。
もう苦しまないように。君が安らかであるように。

神様にも似た声が語りかけるとき人は違う世界にいくらしい。
それは、幼いときに聞いたおとぎ話の世界のことのようで全く
信じていなかったけれど、実際にはそれが真実であるらしい。

肉体が年老いても尚、人の精神に、その魂は輝きを失わず
いつまでも、輝き続けるというのが精神世界のルールらしい。
だからボクは君がこれ以上苦しまないように魔法をかけよう。

目を閉じて三つ数えたら世界が消えるよ。
もう、苦しむ必要はないんだよ。この世界では辛い事が
たくさんあったね。だから、もう最後だよ。

最後の最後の、この瞬間は幸福感に満ちて不自由さを
脱ぎ捨てて、この世界から飛び立てばいい。

詩の最近記事

  1. 想い巡る 2011-09-26

  2. 胸の傷 2011-09-26

  3. 複雑なんだ 2011-10-02

  4. 君の笑顔 2011-10-03

  5. 心が乾いたら 2011-10-03

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 想い巡る 2011-09-26
  2. 胸の傷 2011-09-26
  3. 短編集

    そういうことじゃないよ 2011-09-27
  4. 複雑なんだ 2011-10-02
  5. 君の笑顔 2011-10-03
  6. 心が乾いたら 2011-10-03