小さな幸福が実はとても大きなことでかけがえのないことであったりします。忙しい日々の中で、色々な事を考えて悩んで皆が生きていきます。その原動力は何かを愛すること。そんな想いを感じて頂けたら嬉しいです。

  1. 2 view

君想う 2015-09-21

世界の端っこにいて
それを見つめていた

銀の粉
金の粉

互いに世界に散らばって
煌く世界を見つめていた

世界の端っこにいて

数々ある色彩の中で
それは、心地よく温かい

世界の端っこにいて
煌く世界を見つめて
自分のことのように想像した
温かい、それを抱きしめることを

それは君を想うことに似ていて
胸がキリキリと痛む事

でも、それが愛しい
狂おしく愛しい

甘美な感覚がまた色彩感覚を狂わせて
全てが煌いて
また、それは揺らめいて

世界の端っこにいて
届かない手を伸ばして一人きり

銀の粉
金の粉

その煌きはまるで幻想

消えていく時間の中で
たった少しだけ、ほんの僅かな時間
甘美な感覚を遺していく

君を想うこと…
世界の端っこから

詩の最近記事

  1. 想い巡る 2011-09-26

  2. 胸の傷 2011-09-26

  3. 複雑なんだ 2011-10-02

  4. 君の笑顔 2011-10-03

  5. 心が乾いたら 2011-10-03

関連記事

最近の記事

  1. 想い巡る 2011-09-26
  2. 胸の傷 2011-09-26
  3. 短編集

    そういうことじゃないよ 2011-09-27
  4. 複雑なんだ 2011-10-02
  5. 君の笑顔 2011-10-03
  6. 心が乾いたら 2011-10-03