小さな幸福が実はとても大きなことでかけがえのないことであったりします。忙しい日々の中で、色々な事を考えて悩んで皆が生きていきます。その原動力は何かを愛すること。そんな想いを感じて頂けたら嬉しいです。

  1. 4 view

君と僕と帆船 2014-10-13

この時間は夢のような時間で
細く小さなカラダを抱きしめて

小さな軽い口づけを交わし
見つめ合って
そして微笑む温かな時間

指先を絡めて
「ふっ」と小さな吐息の向こう側
二人の未来に向かう船の帆に
風を当てるように

少しづつ
でも確かに進んでいく時間の流れが
まるで、二人を乗せた帆船のようで
この時間の中にふわりと漂って

このベットの上はまるで
海を漂う帆船の中のよう

ゆらり ゆらり・・・と
この世界は、まるでゆりかごのよう

詩の最近記事

  1. 想い巡る 2011-09-26

  2. 胸の傷 2011-09-26

  3. 複雑なんだ 2011-10-02

  4. 君の笑顔 2011-10-03

  5. 心が乾いたら 2011-10-03

関連記事

最近の記事

  1. 想い巡る 2011-09-26
  2. 胸の傷 2011-09-26
  3. 短編集

    そういうことじゃないよ 2011-09-27
  4. 複雑なんだ 2011-10-02
  5. 君の笑顔 2011-10-03
  6. 心が乾いたら 2011-10-03