小さな幸福が実はとても大きなことでかけがえのないことであったりします。忙しい日々の中で、色々な事を考えて悩んで皆が生きていきます。その原動力は何かを愛すること。そんな想いを感じて頂けたら嬉しいです。

  1. 4 view

君がさよならと言ったのは~ 2012-01-26

君がさよならと言ったのは
過去の君自身

俯いて
泣いてばかりいた
そんな君自身

でも
そんな自分から
さよならした君は

清々しい笑顔で
まるで まるで
少女のよう

おとぎの国の
リスのような丸い瞳に
愛くるしい笑顔

そんな君が
あまりに眩しいです

風が頬を切るような
冷たさで
横切っていくのに

僕の心は
なんだか
ほんのりと
温かなるのです

詩の最近記事

  1. 想い巡る 2011-09-26

  2. 胸の傷 2011-09-26

  3. 複雑なんだ 2011-10-02

  4. 君の笑顔 2011-10-03

  5. 心が乾いたら 2011-10-03

関連記事

最近の記事

  1. 想い巡る 2011-09-26
  2. 胸の傷 2011-09-26
  3. 短編集

    そういうことじゃないよ 2011-09-27
  4. 複雑なんだ 2011-10-02
  5. 君の笑顔 2011-10-03
  6. 心が乾いたら 2011-10-03