それさえも人は~ 2012-01-22

君がどれだけの事をして
いま 存在しているのか
脚光を浴びているのか

決して
人には見えない場所で
一人涙を流しながら

たくさん周囲に
人はいるのに
孤独のど真ん中で
眠る時間も削り
必死になっている

それは
誰にも知られることはなくて

脚光を浴びている
君を見て
人はそれを
才能と言うのだろうか

あまりに
残酷ではないか

それが少しだけ
歯がゆい

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。