小さな幸福が実はとても大きなことでかけがえのないことであったりします。忙しい日々の中で、色々な事を考えて悩んで皆が生きていきます。その原動力は何かを愛すること。そんな想いを感じて頂けたら嬉しいです。

  1. 10 view

kotoba note 2012-01-21

一人の人が居なくなるという事は思い出の中に
その人が沈んでいくという事で、自分自身が生きている
限りは大切に、大切に、その人の言葉を忘れないように
生きていく事が最高の弔いであると思います。

自分自身の命が朽ち果てるまで、忘れないように
そして前を向いて歩いていくという事がとても大切で
時々ふと、この世界から居なくなってしまった大切な人の
事を少し思い出して、遺してくれた言葉にそっと触れて
みるのです。

決して哀しみながらではなく、大切な言葉の意味を
確認するために、時々ふと思い出すのです。悲観する
のではなく、自分の心にそれがおさまっているかを
確認するために、言葉に触れてみるのです。

それが、この世界にはもう居ない大切な人に
出来る最大のことなのですから。

詩の最近記事

  1. 想い巡る 2011-09-26

  2. 胸の傷 2011-09-26

  3. 複雑なんだ 2011-10-02

  4. 君の笑顔 2011-10-03

  5. 心が乾いたら 2011-10-03

関連記事

最近の記事

  1. 想い巡る 2011-09-26
  2. 胸の傷 2011-09-26
  3. 短編集

    そういうことじゃないよ 2011-09-27
  4. 複雑なんだ 2011-10-02
  5. 君の笑顔 2011-10-03
  6. 心が乾いたら 2011-10-03