小さな幸福が実はとても大きなことでかけがえのないことであったりします。忙しい日々の中で、色々な事を考えて悩んで皆が生きていきます。その原動力は何かを愛すること。そんな想いを感じて頂けたら嬉しいです。

  1. 7 view

月と願いと銀の粉 2012-01-15

月の光だけを頼りに
希望をたぐりよせて
一人歩く夜の道

頬を切りつけるような
冷たい風が通り過ぎ

ふわふわ きらきら
漂う 銀の粉

どこへ
誘おうというのか

優しく きらきらと
周囲をふわふわと漂い
幻想的で

記憶が
曖昧になりそうなほど眩しく
愛おしく 狂おしく

月の光だけを頼りに
月を崇拝し願いを込める夜
銀の粉舞う夜

どこまで
意識を保っていられるだろう
もう、そろそろ眠くなってきたよ

もう、眠っていいかい?
少し疲れたから・・・
きっと 起きるから・・・
少しだけ休んでいいかい・・・

詩の最近記事

  1. 想い巡る 2011-09-26

  2. 胸の傷 2011-09-26

  3. 複雑なんだ 2011-10-02

  4. 君の笑顔 2011-10-03

  5. 心が乾いたら 2011-10-03

関連記事

最近の記事

  1. 想い巡る 2011-09-26
  2. 胸の傷 2011-09-26
  3. 短編集

    そういうことじゃないよ 2011-09-27
  4. 複雑なんだ 2011-10-02
  5. 君の笑顔 2011-10-03
  6. 心が乾いたら 2011-10-03