小さな幸福が実はとても大きなことでかけがえのないことであったりします。忙しい日々の中で、色々な事を考えて悩んで皆が生きていきます。その原動力は何かを愛すること。そんな想いを感じて頂けたら嬉しいです。

  1. 4 view

思い出箱 2011-11-20

ツメタイ季節になったね
忘れることなく
想いを巡らして

ユメだけをつめた
あの思い出箱を
記憶から引きずり出して
思い出取り出せば

あまりに悲しい過去も
そのままで
けれど綺麗になっていく

思い出は
キレイになって
宝石のような
涙に彩られて

ちりばめられた
星屑みたいに
キラキラするね

季節は
世界を変えていく

忘れることなく
思い出箱に詰め込んで
記憶の深い部分に沈めて
ときどき取り出しては
感傷的になったりして
思い出したりしてさ

でも
思い出はキレイになっていく
だから涙溢れるんだ

星屑を散りばめるように
思い出に涙を注いで
キラキラ星屑涙を散りばめて
また記憶の奥深くにしまい込もう

思い出箱の中に
あの頃の心をそのままにして
君の思い出はキレイなまま

日増しにキレイになるばかり
それが思い出でなく
本物だったらどれだけ
良かったかなんて

もう、思わないようにして
その美しさだけに見とれて
あまりにキレイだから
涙を流すんだ

ツメタイ季節になったね
君が好きな季節です
世界が終わっていくような
そんな季節だけれど
君の好きな季節です

君がいないツメタイ季節は
もう何度目でしょう
忘れられないけれど
忘れてしまったよ
そんな事

詩の最近記事

  1. 想い巡る 2011-09-26

  2. 胸の傷 2011-09-26

  3. 複雑なんだ 2011-10-02

  4. 君の笑顔 2011-10-03

  5. 心が乾いたら 2011-10-03

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 想い巡る 2011-09-26
  2. 胸の傷 2011-09-26
  3. 短編集

    そういうことじゃないよ 2011-09-27
  4. 複雑なんだ 2011-10-02
  5. 君の笑顔 2011-10-03
  6. 心が乾いたら 2011-10-03