小さな幸福が実はとても大きなことでかけがえのないことであったりします。忙しい日々の中で、色々な事を考えて悩んで皆が生きていきます。その原動力は何かを愛すること。そんな想いを感じて頂けたら嬉しいです。

  1. 4 view

透明人間 2011-11-17

虚しさは
都会の象徴でさ

透明人間になるために
都会に来たはずなのに

この虚しさは
この重い寂しさは
どこからやってくる

寂しいから
星屑に手を伸ばしたけれど
都会の夜に
星屑なんて無くてさ

透明人間を
照らすほど優しくなくてさ

おかしいね
望んで都会にやってきて
透明人間のように
振舞っていたはずなのに

こんなに
人恋しくなるなんて

馬鹿馬鹿しい
寂しい 恋しい 愛しい

透明人間になったのに
望んだはずなのに
やはり僕は人間だったんだ

詩の最近記事

  1. 想い巡る 2011-09-26

  2. 胸の傷 2011-09-26

  3. 複雑なんだ 2011-10-02

  4. 君の笑顔 2011-10-03

  5. 心が乾いたら 2011-10-03

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 想い巡る 2011-09-26
  2. 胸の傷 2011-09-26
  3. 短編集

    そういうことじゃないよ 2011-09-27
  4. 複雑なんだ 2011-10-02
  5. 君の笑顔 2011-10-03
  6. 心が乾いたら 2011-10-03