小さな幸福が実はとても大きなことでかけがえのないことであったりします。忙しい日々の中で、色々な事を考えて悩んで皆が生きていきます。その原動力は何かを愛すること。そんな想いを感じて頂けたら嬉しいです。

  1. 2 view

硝子張りの天井 2011-11-01

硝子張りの天井
きらきら光る星屑
世界はプラネタリウム

僕の視界に
映るのは宇宙
硝子の天井の向こう側
それは星屑世界
宇宙の始まり

手を伸ばしても
届かないけれど
そこに行きたいと

この引力から
自由になって
そこまで行きたいと

心は叫び
技術を追い求め
留まる事を知らないのです

硝子張りの天井
そこに見えるのは
星屑世界

宇宙のはじまり
神秘的で科学的
不可思議は魅力的

それは
まるで君のように
どこまでも
謎な世界なのです

詩の最近記事

  1. 想い巡る 2011-09-26

  2. 胸の傷 2011-09-26

  3. 複雑なんだ 2011-10-02

  4. 君の笑顔 2011-10-03

  5. 心が乾いたら 2011-10-03

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 想い巡る 2011-09-26
  2. 胸の傷 2011-09-26
  3. 短編集

    そういうことじゃないよ 2011-09-27
  4. 複雑なんだ 2011-10-02
  5. 君の笑顔 2011-10-03
  6. 心が乾いたら 2011-10-03