小さな幸福が実はとても大きなことでかけがえのないことであったりします。忙しい日々の中で、色々な事を考えて悩んで皆が生きていきます。その原動力は何かを愛すること。そんな想いを感じて頂けたら嬉しいです。

  1. 3 view

愛を越えて~ 2011-10-30

言葉の意味が分からなくても
二人は模索する
それが、どのような行為でも

分からないね
だから確かめてみようか

きっと
体感的に
意味づけ出来るから

手首に
いくつもの切り傷
青紫の情熱

背中に消えない
深い爪跡と
首筋の痣

愛なんて
目に見えないけれど
この胸の中の
どろどろとした
説明のつかない部分を
ぶつけ合う事だとしたら
これも愛なのだろうか

慈しみを込めて
痣に唇を押し当てて
互いの存在を
痛みと共に感じ

共に認識を深めていく
言葉の意味が分からなくても

これが、きっと・・・ なのだと
これが きっと・・・ なのだと

それが
たとえ一般的に間違っていても
二人の見つけた真実なら
そのように感じるのなら
それは一つの現実で真実

綺麗なことばかりではないから
それを認めても良いかもしれない

詩の最近記事

  1. 想い巡る 2011-09-26

  2. 胸の傷 2011-09-26

  3. 複雑なんだ 2011-10-02

  4. 君の笑顔 2011-10-03

  5. 心が乾いたら 2011-10-03

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 想い巡る 2011-09-26
  2. 胸の傷 2011-09-26
  3. 短編集

    そういうことじゃないよ 2011-09-27
  4. 複雑なんだ 2011-10-02
  5. 君の笑顔 2011-10-03
  6. 心が乾いたら 2011-10-03