小さな幸福が実はとても大きなことでかけがえのないことであったりします。忙しい日々の中で、色々な事を考えて悩んで皆が生きていきます。その原動力は何かを愛すること。そんな想いを感じて頂けたら嬉しいです。

  1. 2 view

ステキなゆとり 2011-10-30

ひとつの関係が終わって
世界が終わるとき

「もう忘れてね」と
振り向きもせず
部屋を出て行きました

終わった・・・
ひとつの区切りで
それは未知の明日の

始まりで
また歩き出さなくては

でも
忘れないよ
君が居た事を

君の香りが残っている
ベットに頬を当て
少しだけ涙を零して

また
歩き出そう
たまには
泣いてもいいよね

ある意味
これはご褒美だから
涙が流せるという
素敵なゆとりがあるという
そんな証拠なのだから

詩の最近記事

  1. 想い巡る 2011-09-26

  2. 胸の傷 2011-09-26

  3. 複雑なんだ 2011-10-02

  4. 君の笑顔 2011-10-03

  5. 心が乾いたら 2011-10-03

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 想い巡る 2011-09-26
  2. 胸の傷 2011-09-26
  3. 短編集

    そういうことじゃないよ 2011-09-27
  4. 複雑なんだ 2011-10-02
  5. 君の笑顔 2011-10-03
  6. 心が乾いたら 2011-10-03