小さな幸福が実はとても大きなことでかけがえのないことであったりします。忙しい日々の中で、色々な事を考えて悩んで皆が生きていきます。その原動力は何かを愛すること。そんな想いを感じて頂けたら嬉しいです。

  1. 3 view

君が遺した振動を~ 2011-10-26

どんな言葉も
とるに足らない
君が遺した振動を
表現するには
どの言葉もどこか違ってさ

だから
僕は今も
星屑を眺めて

相応しい
表現方法を考えてるよ
まだまだ
君の遺した振動を
記号に置き換えること
僕には出来ないけれど

いつか
寸分違わずに
それを表せるように

ずっと
抱えて胸に響かせて
生きていくから

君が遺した振動を
記号として
僕が世界に遺すから
心配しないで

君は
どうぞ安らかに

詩の最近記事

  1. 想い巡る 2011-09-26

  2. 胸の傷 2011-09-26

  3. 複雑なんだ 2011-10-02

  4. 君の笑顔 2011-10-03

  5. 心が乾いたら 2011-10-03

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 想い巡る 2011-09-26
  2. 胸の傷 2011-09-26
  3. 短編集

    そういうことじゃないよ 2011-09-27
  4. 複雑なんだ 2011-10-02
  5. 君の笑顔 2011-10-03
  6. 心が乾いたら 2011-10-03