小さな幸福が実はとても大きなことでかけがえのないことであったりします。忙しい日々の中で、色々な事を考えて悩んで皆が生きていきます。その原動力は何かを愛すること。そんな想いを感じて頂けたら嬉しいです。

  1. 4 view

影 ~ 僕 ~ 君 2011-10-26

怖いから
光を求めて
光だけを求めて

光のある場所で
笑っていたけれど
地面に落ちた影も
僕なのだと気付いたとき

あまりに
無視をしてきた
自分自身が可哀想で

光と影が
仲良くなれるように
気をつけてみました

光の中で
踊る君を見つめて
ひっそり息を潜める
君の影もそこにいました

光の君に
迷惑をかけないように
心配そうに怯えている
影の君がそこにいました

だから
僕は友達になったんだ
影の君とも友達になったんだ

大丈夫だよ
君は君なのだから
影があっても
それも君自身なのだから

僕は幻滅しないよ
だって影は君の幻ではないから
だから幻滅なんてしないよ

僕も影を持っているのだから
それは幻ではなく
互いに、影も自分の一部なのだから
認め合っていこうね

二人で
認め合って歩いていこうね
ゆっくりとでもいいから
歩いていこうね
二人で歩いていこうね

詩の最近記事

  1. 想い巡る 2011-09-26

  2. 胸の傷 2011-09-26

  3. 複雑なんだ 2011-10-02

  4. 君の笑顔 2011-10-03

  5. 心が乾いたら 2011-10-03

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 想い巡る 2011-09-26
  2. 胸の傷 2011-09-26
  3. 短編集

    そういうことじゃないよ 2011-09-27
  4. 複雑なんだ 2011-10-02
  5. 君の笑顔 2011-10-03
  6. 心が乾いたら 2011-10-03