小さな幸福が実はとても大きなことでかけがえのないことであったりします。忙しい日々の中で、色々な事を考えて悩んで皆が生きていきます。その原動力は何かを愛すること。そんな想いを感じて頂けたら嬉しいです。

  1. 9 view

君を感じる 2011-10-18

バラバラになってしまった記憶を
しっかりと集めて
まるで、そこにあるかのように
触れてみるんだ

そうすれば
過去に戻ることが出来る
リアルに細部まで
息遣いまで全ての記憶を
臨場感を持って
思い出す事が出来れば

そこには
風化せず色褪せず
美しいままの
君が存在するはず

狂った人と
言われてもいい
発狂したとしても
それでいい

あくまでも
僕の目の前に
君という人がリアルに
存在するという事を
感じられるのならば

例えそれが
脳内で再生成された
偽物だとしても
僕にとってのリアルなのだから

そこに
君がいるのだから

詩の最近記事

  1. 想い巡る 2011-09-26

  2. 胸の傷 2011-09-26

  3. 複雑なんだ 2011-10-02

  4. 君の笑顔 2011-10-03

  5. 心が乾いたら 2011-10-03

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 想い巡る 2011-09-26
  2. 胸の傷 2011-09-26
  3. 短編集

    そういうことじゃないよ 2011-09-27
  4. 複雑なんだ 2011-10-02
  5. 君の笑顔 2011-10-03
  6. 心が乾いたら 2011-10-03