小さな幸福が実はとても大きなことでかけがえのないことであったりします。忙しい日々の中で、色々な事を考えて悩んで皆が生きていきます。その原動力は何かを愛すること。そんな想いを感じて頂けたら嬉しいです。

  1. 2 view

この場所から 2011-10-18

手のひらに希望を
握り締めて
君と二人で歩いた場所も

雑踏に呑み込まれて
過ぎ行く人々に
揉消されていくけど

遠い記憶を見つめて
枯れ葉を踏みしめて
冬の到来を感じて

手のひらを
見つめて
ほんのり熱の残る
希望と一緒に
胸に当てて
まだ大丈夫だと
何度も言い聞かせて

僕は歩いていく
また、この場所から
未来へ向かって

この手のひらに
希望を握り締めている限り
それが、いつ消えるか
分からなくても
僕は歩いていく

この場所から
雑踏に揉消されて
消えてしまいそうな
記憶と一緒に
僕は歩いていく

詩の最近記事

  1. 想い巡る 2011-09-26

  2. 胸の傷 2011-09-26

  3. 複雑なんだ 2011-10-02

  4. 君の笑顔 2011-10-03

  5. 心が乾いたら 2011-10-03

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 想い巡る 2011-09-26
  2. 胸の傷 2011-09-26
  3. 短編集

    そういうことじゃないよ 2011-09-27
  4. 複雑なんだ 2011-10-02
  5. 君の笑顔 2011-10-03
  6. 心が乾いたら 2011-10-03