小さな幸福が実はとても大きなことでかけがえのないことであったりします。忙しい日々の中で、色々な事を考えて悩んで皆が生きていきます。その原動力は何かを愛すること。そんな想いを感じて頂けたら嬉しいです。

  1. 4 view

Bed time 2011-10-05

眠りの世界に
君の体温
香るいつもの髪の
匂いに

愛しさと
愛情の欲情を込めて

細い裸体に
濡れた指先で
愛してる、と、書き綴り
肩に爪痕遺す

夜の優しい闇の中
君の声だけが
確かな現実

濡れるカラダだけが
世界の全て
確かな事実

体温とカラダ
非現実な時間が
このベッドの中で
優しくも激しい
現実になる

詩の最近記事

  1. 想い巡る 2011-09-26

  2. 胸の傷 2011-09-26

  3. 複雑なんだ 2011-10-02

  4. 君の笑顔 2011-10-03

  5. 心が乾いたら 2011-10-03

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 想い巡る 2011-09-26
  2. 胸の傷 2011-09-26
  3. 短編集

    そういうことじゃないよ 2011-09-27
  4. 複雑なんだ 2011-10-02
  5. 君の笑顔 2011-10-03
  6. 心が乾いたら 2011-10-03