小さな幸福が実はとても大きなことでかけがえのないことであったりします。忙しい日々の中で、色々な事を考えて悩んで皆が生きていきます。その原動力は何かを愛すること。そんな想いを感じて頂けたら嬉しいです。

  1. 2 view

君がそこにたって 2011-10-05

君の姿を
シルエットを見つめて

月が君のふくらみを
無機質なくらい
薄っぺらに映し出して

悲しいくらい
短命の華が
そこで息づいている
そんな気分にさせる

君は儚い
短命の華のような
自分を意識しているから

だから
どこまでも冷たく
情熱的な絶望を
ぶつけるように
カラダを重ねるのだろう

いづれ
失ってしまう感情だから
君は精一杯に感じようとして

だから
情熱的で
とても冷たくて

そして
悲しくて 寂しくて 切なくて

詩の最近記事

  1. 想い巡る 2011-09-26

  2. 胸の傷 2011-09-26

  3. 複雑なんだ 2011-10-02

  4. 君の笑顔 2011-10-03

  5. 心が乾いたら 2011-10-03

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 想い巡る 2011-09-26
  2. 胸の傷 2011-09-26
  3. 短編集

    そういうことじゃないよ 2011-09-27
  4. 複雑なんだ 2011-10-02
  5. 君の笑顔 2011-10-03
  6. 心が乾いたら 2011-10-03