愛しくて 2011-10-04

愛しい君は
遥か夜空の彼方
星屑となり

世界が丸いと
感じているのだろうか

愛しい君は
今日もキラキラと輝き
世界を慈しみ

泥臭く生きている
そんな僕を
照らしてくれるだろうか

愛しくて
悲しくて
寂しくて

夜空を見上げては
君を探してみるけれど
どれが君なのか
見当もつかずに

それでも
きっと君はそこにいる
愛しい星屑の光

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。