小さな幸福が実はとても大きなことでかけがえのないことであったりします。忙しい日々の中で、色々な事を考えて悩んで皆が生きていきます。その原動力は何かを愛すること。そんな想いを感じて頂けたら嬉しいです。

  1. 6 view

硝子のような瞳 2011-10-03

硝子のような
透き通った瞳に
恋をして

全てを
見透かされているようで

君に恋をして
そう、首筋に唇を滑らせて
とろけてしまいそうな
そんな夜を過ごしたいと

幼い想いを
全て見透かされているような
そんな気がして

まともに
正面から見つめられなくて
俯いてしまうけれど

その硝子のような瞳に
僕は恋をして
もう何も隠せはしないと
君の前では
それは無意味なことだと
そう思った

小さな奇跡が起きた
過ぎ行く時間の
ほんの一瞬のこと

詩の最近記事

  1. 想い巡る 2011-09-26

  2. 胸の傷 2011-09-26

  3. 複雑なんだ 2011-10-02

  4. 君の笑顔 2011-10-03

  5. 心が乾いたら 2011-10-03

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 想い巡る 2011-09-26
  2. 胸の傷 2011-09-26
  3. 短編集

    そういうことじゃないよ 2011-09-27
  4. 複雑なんだ 2011-10-02
  5. 君の笑顔 2011-10-03
  6. 心が乾いたら 2011-10-03