小さな幸福が実はとても大きなことでかけがえのないことであったりします。忙しい日々の中で、色々な事を考えて悩んで皆が生きていきます。その原動力は何かを愛すること。そんな想いを感じて頂けたら嬉しいです。

  1. 8 view

胸の傷 2011-09-26

この胸の傷は
君の爪跡

淡いピンク色のネイルが
深く抉って消えなくなった傷跡

君と過ごした
少しだけ激しい夜の証

そして
君が存在したことの証明

僕は覚えているよ
大丈夫だよ

しっかりと
覚えているから

君の細い指先の
可愛いキラキラした
淡いピンク色のネイルが

残酷に抉った
深い胸の傷跡
今も消えない胸の傷跡

情熱みたいに
深紅に染まった
胸元に気付かないほどに
痛みさえ感じないほどに

激しい想いをぶつけて
交わって

この傷は
もう痛みさえも感じないよ
それくらいに時間が経過して

君は居ないのだと
君が不在の世界に
涙を流して嗚咽を漏らして
僕は過去から逃げられないまま
胸の傷が愛しいまま

詩の最近記事

  1. 想い巡る 2011-09-26

  2. 胸の傷 2011-09-26

  3. 複雑なんだ 2011-10-02

  4. 君の笑顔 2011-10-03

  5. 心が乾いたら 2011-10-03

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 想い巡る 2011-09-26
  2. 胸の傷 2011-09-26
  3. 短編集

    そういうことじゃないよ 2011-09-27
  4. 複雑なんだ 2011-10-02
  5. 君の笑顔 2011-10-03
  6. 心が乾いたら 2011-10-03