ごめん 2011-10-18

僕は僕なりに
生きていく事に
精一杯でさ

君の事を
抱えられるほどに
まだ力は無いんだ

ごめん

自分が生きていくだけで
精一杯の僕では
君の事まで
考えていられないんだ

君と喧嘩することも
君が怒ることも
君が泣くことも

それらを
受け止めていられるほどに
余裕が僕には無いんだ

だから ごめんね
これが精一杯なんだ

だから
せめて君に花束を
色とりどりの花束を

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。