小さな幸福が実はとても大きなことでかけがえのないことであったりします。忙しい日々の中で、色々な事を考えて悩んで皆が生きていきます。その原動力は何かを愛すること。そんな想いを感じて頂けたら嬉しいです。


  1. 最近の記事
  2. ランキング一覧
  1. 4 view

瞼を閉じて 2011-10-05

たくさんの情報がたくさんの情景が瞳に飛び込んで君が笑っていた大切な僕の記憶が押しやられて消えてしまいそうだから瞼をとじて…

  1. 2 view

Fake and lip 2011-10-05

その唇は嘘つき夢を見せて溺れさせて快楽を与えて沈んでいく深く 深く 深く非現実の中へ沈んでいく深く 深く 深く海…

  1. 1 view

夜行性 2011-10-05

朝日が憂鬱でカーテンを閉めて眠りにつくくらくらする頭を抱えて太陽の光を避けて明るすぎてよく見えてしまう世界を見るのは辛く…

  1. 2 view

君がそこにたって 2011-10-05

君の姿をシルエットを見つめて月が君のふくらみを無機質なくらい薄っぺらに映し出して悲しいくらい短命の華がそこで息づいている…

  1. 3 view

忘れないから 2011-10-06

忘れないから君は安心していいんだよ君の存在が此処にあった事を僕が証明し続けるから僕が生きている限り君は存在している存在と…

  1. 3 view

過去の苦渋さえも 2011-10-14

意味とかね世界とかね認識は夜に溶けてあなたの笑顔ばかりその穏やかは涙の数だけ勇気と温かさを与えてあなたがそのように振…

  1. 3 view

月光世界 2011-10-15

君が笑った世界は淡い幻想の中に沈んで消えて世界は空と宇宙の狭間でどこまでが境界線なのか誰も分からないままで君が笑った…

  1. 3 view

力が欲しい 2011-10-16

力が欲しいと星屑に下で泣いていた少年は挫折して大人になって優しくなっていつしか大きな力を手に入れた気付かないうちに…

  1. 5 view

チューニング 2011-10-16

君に見えている世界と僕に見えている世界は違う同じ物を見つめて同じ時間を共有しても絶対的に違う世界認識ふわふわと漂う概念を掴んで…

  1. 4 view

交わり 2011-10-16

冷たい情熱の中二人交わるのは精神のぶつかり合い互いの価値体系を受け入れられず精神性を無視をしてカラダで理解しようとするそれは…

  1. 短編集
  2. 4 view

そういうことじゃないよ 2011-09-27

君は囁くように小さな声で僕に言った。「また一人になるのが怖かった」と。きっと、またいつか一人になってしまうのではないかという不安を消し去ることは…

  1. Milky-wayと星の砂
  2. 3 view

Preface ~

世界がそろそろきらめいて崩れ落ちていく・・・その先に何を見つめていくのか?人間の存在意義とは何か?という事・・・この銀河系は本物であろうか?それ…

  1. 2 view

胸の傷 2011-09-26

この胸の傷は君の爪跡淡いピンク色のネイルが深く抉って消えなくなった傷跡君と過ごした少しだけ激しい夜の証そして君が存在した…

  1. 2 view

複雑なんだ 2011-10-02

偽物の触れ合いを買って紛らわしていたけれど本当はきっと寂しいということそれを認めたくないそれだけだったのだろうねこの寂しさから…

  1. 2 view

君の笑顔 2011-10-03

たった一瞬だけその時間の中で君を恋人のように頬を寄せて人差し指で頬をつついて二人微笑んでみるそれが仕事それが君の仕事…

  1. 2 view

誰かを救おうなんて・・・ 2011-10-03

誰かを救おうなんてそんな事は出来るわけがないそれは分かっている人が他人に対して出来る事は本当に限られている心のブロックを外し…

  1. 2 view

Bed time 2011-10-05

眠りの世界に君の体温香るいつもの髪の匂いに愛しさと愛情の欲情を込めて細い裸体に濡れた指先で愛してる、と、書き綴り肩に…

  1. 2 view

君を感じる 2011-10-18

バラバラになってしまった記憶をしっかりと集めてまるで、そこにあるかのように触れてみるんだそうすれば過去に戻ることが出来るリアルに細部…

  1. 2 view

永遠に触れようとして 2011-10-31

永遠に触れようとして狂ったのは月が綺麗な夜のこと永遠に触れようとして世界がぐるぐる廻ったのは狭い部屋でのこと小さな 小さな 小さ…

  1. 2 view

胸がざわめく 2011-12-10

胸がざわめくんだ雰囲気に呑まれてキスした君のこと非日常な雰囲気のふわふわしたカジュアルなキスに真剣さのカケラもなかったあのキスの…

最近の記事

  1. 想い巡る 2011-09-26
  2. 胸の傷 2011-09-26
  3. 短編集

    そういうことじゃないよ 2011-09-27
  4. 複雑なんだ 2011-10-02
  5. 君の笑顔 2011-10-03
  6. 心が乾いたら 2011-10-03