小さな幸福が実はとても大きなことでかけがえのないことであったりします。忙しい日々の中で、色々な事を考えて悩んで皆が生きていきます。その原動力は何かを愛すること。そんな想いを感じて頂けたら嬉しいです。

  1. 最近の記事
  2. おすすめ記事
  3. 人気記事
  4. ランキング一覧
  1. 4 view

強がり 2011-12-01

君が強がっていること実は少しだけ気付いていたよでもねそれは君の人生だったし君の決めた事だからただ、君の話に頷いていたよただあ…

  1. 2 view

施錠~ ハニートラップ 2011-12-05

外出するときには気をつけましょう心にしっかり施錠して抱えた寂しさにスっと入って来られないように気をつけましょうハニートラップ…

  1. 3 view

愛雪 2011-12-05

温めたしっかりと温めてきた二人の時間の堆積に雪が降積もって凍ってしまう前に雪をどかしてもう一度二人で温めようあの時間が…

  1. 1 view

互いに涙の向こう側 2011-12-07

君と向き合った世界がまるで水中にいるようにゆらゆらしているよきっと君も同じなのだと思う僕らは互いに涙の向こう側を見て涙の先に…

  1. 1 view

カジュアル キス 2011-12-09

多分さ二度と会わないだろうけど頬を赤らめた君があまりに可愛いから君の顔を掌で包み込んで軽いキスをする少しづつ大胆になって…

  1. 2 view

君の世界観を~ 2011-12-10

君の世界観がどのようになっているのかその世界に触れる事は出来ないけれど夢のような肌を重ねる行為に一瞬だけ垣間見る事が出来たそ…

  1. 2 view

眩惑~ 2011-12-10

鼓動が早くなる心臓が早くなる香水の香りとアルコール止められなかったくちづけの衝動耳元で囁く言葉を今日だけ一瞬だけの魔法の言葉…

  1. 0 view

胸がざわめく 2011-12-10

胸がざわめくんだ雰囲気に呑まれてキスした君のこと非日常な雰囲気のふわふわしたカジュアルなキスに真剣さのカケラもなかったあのキスの…

  1. 1 view

キスしようか~ 2011-12-16

キスしようか甘ったるいキスをしようかあまりに君の唇がグロスでうるうるしていて唇を思わず重ねたくなるような魔法にかかっ…

  1. 1 view

許された愛の数だけ~ 2011-12-19

どれだけ許された愛であれ君が心を開かない限りそれは許されていない事と全く同じこと君自身が心を開かなければその愛は許されていないも同じ…

  1. 4 view

強がり 2011-12-01

君が強がっていること実は少しだけ気付いていたよでもねそれは君の人生だったし君の決めた事だからただ、君の話に頷いていたよただあ…

  1. 3 view

愛雪 2011-12-05

温めたしっかりと温めてきた二人の時間の堆積に雪が降積もって凍ってしまう前に雪をどかしてもう一度二人で温めようあの時間が…

  1. 3 view

女神と星屑 2011-12-28

目を閉じて零れた涙がまるでガラスみたいに砕けて星屑みたいに散らばった夜空よりも上で涙を零した女神の涙それが砕けて散ばった…

  1. 3 view

溺れそうでね・・・ 2012-01-14

君の言葉に溺れてしまいそうで君の言葉が胸に溜まって溺れて気を失ってしまいそうで苦しくなる事が怖くて君に会わないようにしていた…

  1. 3 view

月と願いと銀の粉 2012-01-15

月の光だけを頼りに希望をたぐりよせて一人歩く夜の道頬を切りつけるような冷たい風が通り過ぎふわふわ きらきら漂う 銀の粉ど…

  1. 3 view

kotoba note 2012-01-21

一人の人が居なくなるという事は思い出の中にその人が沈んでいくという事で、自分自身が生きている限りは大切に、大切に、その人の言葉を忘れないように…

  1. 3 view

本当は恥ずかしいけれど 2012-01-31

王子様なんて言えるようなそんなルックスじゃないしさホストでもないからさ本当はすごく恥ずかしいんだ今日は君の誕生日心に残らないものはプ…

  1. 3 view

小さな声で 2012-02-26

全てが暗闇に包まれて静まりかえった夜に小さく君が呟いた愛を下さい、と懇願するように小さく 小さく 小さくベットの中の小さな …

  1. 3 view

その言葉の瞬間に~ 2012-02-28

ほんの一瞬の出来事だった君の言葉が琴線に触れて限界だった弦は虚しく切れた切れないくらい太い弦を張ったつもりがあっさり…

  1. 4 view

強がり 2011-12-01

君が強がっていること実は少しだけ気付いていたよでもねそれは君の人生だったし君の決めた事だからただ、君の話に頷いていたよただあ…

  1. 3 view

愛雪 2011-12-05

温めたしっかりと温めてきた二人の時間の堆積に雪が降積もって凍ってしまう前に雪をどかしてもう一度二人で温めようあの時間が…

  1. 3 view

女神と星屑 2011-12-28

目を閉じて零れた涙がまるでガラスみたいに砕けて星屑みたいに散らばった夜空よりも上で涙を零した女神の涙それが砕けて散ばった…

  1. 3 view

溺れそうでね・・・ 2012-01-14

君の言葉に溺れてしまいそうで君の言葉が胸に溜まって溺れて気を失ってしまいそうで苦しくなる事が怖くて君に会わないようにしていた…

  1. 3 view

月と願いと銀の粉 2012-01-15

月の光だけを頼りに希望をたぐりよせて一人歩く夜の道頬を切りつけるような冷たい風が通り過ぎふわふわ きらきら漂う 銀の粉ど…

  1. 3 view

kotoba note 2012-01-21

一人の人が居なくなるという事は思い出の中にその人が沈んでいくという事で、自分自身が生きている限りは大切に、大切に、その人の言葉を忘れないように…

  1. 3 view

本当は恥ずかしいけれど 2012-01-31

王子様なんて言えるようなそんなルックスじゃないしさホストでもないからさ本当はすごく恥ずかしいんだ今日は君の誕生日心に残らないものはプ…

  1. 3 view

小さな声で 2012-02-26

全てが暗闇に包まれて静まりかえった夜に小さく君が呟いた愛を下さい、と懇願するように小さく 小さく 小さくベットの中の小さな …

  1. 3 view

その言葉の瞬間に~ 2012-02-28

ほんの一瞬の出来事だった君の言葉が琴線に触れて限界だった弦は虚しく切れた切れないくらい太い弦を張ったつもりがあっさり…